洗濯機の排水管のホースからの水漏れ

排水管は、塩ビ管のようなものだけではありません。洗濯機のようにホースが取り付けられており、これが排水管になっている設備もあります。自在に動かすことができる利点がある一方で、小さな穴でも開けば水漏れにつながっていってしまうリスクも理解しておく必要があるでしょう。

■洗濯機からの水漏れ

いろいろな排水管がありますが、洗濯機は設置場所がいろいろと変わってくるため、蛇腹のホースを使って排水をしていくことになります。このホースは自在に曲げることもできますが、蛇腹部分に関してはそこまでの強度がありません。切れてしまうようなことも起きます。
洗濯機としては正しく機能していたとしても、大量の水を流した時に水漏れを起こしてしまうことが出てくるでしょう。それも驚くほど広がってしまうこともあるので、劣化しているかどうか、何か問題はないかは定期的に見ておく必要があります。少しでも水漏れしている様子があれば、問題が出ていると判断することができます。

■最近はエラーも出る

最近の洗濯機にはエラー表示が出るようになっています。洗濯機の下部で水漏れが検知されると、エラーが出て機能をストップするところがポイントです。この時に、排水管となっているホースのごみを取るだけでも、エラー表示があっさりと消えることも珍しくありません。
洗濯機は、いろいろなものを洗う家電です。汚れがついているものを洗うためのものだからこそ、詰まってしまう可能性も考えておかなければいけません。もしも、漏れだしてしまったときには、洗濯機を止めるとともに、細かな確認をしておくといいでしょう。ほんの少しの異常の発見が、大きな事故の予防にもつながっていきます。

■まとめ
洗濯機は大量の水を使っている機械です。漏れてしまえば、大参事になることも珍しくありません。マンションなどでは、下の階に漏れるといった事故にもつながっていくため、定期的にホースの確認もしていくことが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ