交換しなければいけない排水管の水漏れを予防する

排水管は、さまざまなところに取り付けられていますが、劣化が進めば交換しなければいけなくなります。実際に珍しいことかといえば、実は珍しいことではありません。劣化は自然に出てくることのため、いずれ交換することになるからです。

■清掃が重要

水漏れが起きる原因にはいろいろとありますが、劣化が進めば修理はできなくなり、交換をしなければ対応をすることができなくなっていきます。キッチンの排水管を考えても、劣化は避けることができません。交換するとなれば、それなりの工賃も必要になってくるため、できるだけ劣化が進まない使い方を考えていくべきでしょう。
劣化を抑えるためには、定期的に清掃をすることが欠かせません。パイプクリーナーを使ったりすれば、内部の汚れも落としていくことができるため、劣化を最小限に抑えることができます。定期的に50度程度のお湯を流すことも重要です。これによって油汚れも分解して流すことができるため、意識的に行っていくといいでしょう。

■熱湯は配管を劣化させる

劣化を進める原因としては、熱湯を流してしまうことが挙げられます。どうしてもやってしまうことがありがちですが、熱湯を流すと配管にダメージを与えることになり、劣化を早めてしまいます。熱によって膨張していくことが問題点であり、何度も繰り返すことによって、排水管は強度を失うことになります。
接着剤を使って接続もしていますが、何度も熱湯を流せばこれも劣化していくため、隙間が生まれてしまいます。ここから水漏れをする要因につながっていくため、熱湯を流さないようにするだけで、排水管の寿命を延ばすことにつながっていきます。

■まとめ
排水管は、注意しておくだけでも水漏れの要因を減らせます。塩ビ管を使っている部分は、衝撃によっても破損していってしまうため、注意しておくことに越したことはありません。交換するとなれば費用も掛かるのですから、日頃から管理をしておくことがポイントになってくるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ